2019年:アメリカ中小企業のSEOサービス利用状況

アメリカでのWebマーケティング戦略の一環として、SEO対策は欠かすことができない要素の1つです。Google Analyticsを使ったアクセス解析で得られるデータなどを元に、テクニカル面・コンテンツ面双方に少しずつ改良を加え、PDCAを繰り返しながらオンライン上でのプレゼンスを向上させて行くこと、これがSEOの目的です。

Continue Reading →

ウェブサイトをローカライズするときの重要ポイント

アメリカに限らず海外に支社や支店のある企業であれば、ローカライズは1つの重要な課題かと思います。それは人材採用や勤務体系などのHR系の場合もあれば、販売ルートや提携企業など営業的なことを指すこともあります。ウェブサイトのローカライズはマーケティング戦略の一環と考えることができます。

Continue Reading →

なぜアクセス解析は必要なのか?-データドリブンな正しいビジネス戦略

Google Analyticsの普及率が日本の上場企業でも83%を超える現在。“アクセス解析”という言葉を聞いたことがない人のほうが少ないかもしれません。アクセス解析ツールには様々なタイプがありますが、Google Analyticsをはじめとするそれらのオンラインツールを使うと、主に以下のようなWebサイトに関するデータを得ることができます。

Continue Reading →

YouTubeとブランドセーフティ問題への関心の低下

過激なコンテンツやモラルを欠いた表現がたびたび問題となるYouTubeですが、一時期、広告主の大きな懸念であったブランドセーフティに対する関心度はやや低くなっているようです。 事の発端は2017年に、白人至上主義者やヘイトスピーチ扇動者たちの動画に大手ブランドの広告が表示されたり、イスラム教過激派によるテロ活動を助長するような動画に英国選挙の広告が表示されていたとタイムズ・オブ・ロンドン(Times of London)が報じたこと。これらの報道をきっかけに『ブランドセーフティ』はマーケティングに携わる人々の間で新たな脅威として浮かび上がり、ロレアル(L’Oréal)や通信大手のAT&T、ベライゾン(Verizon)など数百社が一時期YouTubeから広告を引き上げる事態となりました。

Continue Reading →

アメリカのケーブルテレビ&ストリーミング最新事情

Game of Thrones(GOT、ゲームオブスローンズ)が今夜、シリーズフィナーレを迎えます。今期の最終8シーズンの展開に納得のいかないファンが、脚本家に対しやり直しを求める嘆願書をオンラインで作成して署名を募ったり、スターバックスのカップが映り込んでしまった放送事故がインターネットやソーシャルメディアで盛大に取り上げられたり、シリーズが終了することを悲観する多くの人たちが翌日月曜の休暇を申請し経済ダメージが予測されるなど話題には事欠かない、まさに社会現象を巻き起こしたシリーズでした。

Continue Reading →

アメリカ発のB2B向けSNS LinkedInとは?

LinkedInはB2Bでの利用目的に特化したアメリカ生まれのソーシャルメディアです。読み方は日本だとリンクトインと呼ばれることが多いようですが、英語での発音はリンクドイン、最初の“リ”が強く発音されます。Facebookのビジネス版とも表現され、そのインターフェースもよく似ているのでFacebookを使ったことがあれば使い方が難しいと感じることはないと思います。

Continue Reading →

企業によるFacebook・Instagramの活用状況

FacebookとInstagramはソーシャルメディアの2トップであり、アメリカでも大半の企業、特にB to C企業はコンシューマーとのコミュニケーションツール、時には販売ツールとして活用しています。SNSは各企業によって、自社で運営するケースと広告代理店やマーケティング会社に委託するケースがありますが、どちらにしても懸案となるのは「どのくらいの頻度で投稿したらよいか?」「どの程度の反応があれば合格点なのか?」ということです。

Continue Reading →

ローカルSEO対策の重要性

SEO対策には大きく分けて2つの種類があります。1つは「オーガニックSEO」または「ナショナルSEO」と呼ばれるインターネット全体におけるもので、一般にSEO対策と言うとこちらを指します。もう1つは「ローカルSEO」という特定の地域に特化して行うSEO対策です。

Continue Reading →

インフルエンサーマーケティングの展望

アメリカにおけるインフルエンサーを起用したPRはマーケティング手法の1つとして一定の地位を確立し、成熟期に突入したと考えられています。今後もインフルエンサー市場は成長を続け、2020年には年間100億ドルに到達すると見込まれています。

Continue Reading →