すぐに効果が出る!35の基本SEO対策ポイント

SEO対策とは? SEOとは、Search Engine Optimizationの略称です。Search Engineとはいわゆる検索サイトのことで、Google、Yahoo、Bing、Duck Duck Go、Baidu(中国版Google)、Yandex(ヤンデックス。ロシアの検索エンジン)などがあり、これら検索サイトで自分のウェブサイトが検索結果のなるべく高いポジションに表示されるよう対策を施すことをSEOと呼びます。アメリカではGoogleのシェアが95%以上と圧倒的なため、SEOと言えばGoogle対策と考えてほぼ間違いありません。

Continue Reading →

【2020年】YouTube 検索ワードランキング TOP100(アメリカ編/ワールド編)

月間20億のアクティブユーザーを持つYouTubeは、Googleに次いで世界で2番目にアクセスの多いウェブサイトであり検索エンジンです。 YouTubeではどんなワードがよく検索されているのか?YouTubeから公式に発表はされていませんが、アメリカのSEOツール会社Ahrefsより、人気検索ワードトップ100位の調査結果が出ています。アメリカ編・ワールド編でそれぞれ紹介していきましょう。

Continue Reading →

Amazon スポンサー広告徹底ガイド:その⑥-Amazonストアページを編集する-

*この記事はアメリカ(amazon.com)でのAmazonマーケティングを前提としています。日本のAmazon(amazon.co.jp)とは広告の内容や規定が異なる場合がありますのでご了承ください。   アメリカ最大のショッピングサイト“Amazon”のスポンサー広告について徹底ガイドする第6回目です。『Amazonストア(Store)』をご存知でしょうか?Amazonストアは各セラーのAmazonにおけるストアフロントの役割をし、オリジナルデザインのページを無料で作ることができます。今回はAmazonストアページの設定方法とその後の活用方法について解説していきます。

Continue Reading →

Amazon スポンサー広告徹底ガイド:その⑤-キーワード設定のポイント-

*この記事はアメリカ(amazon.com)でのAmazonマーケティングを前提としています。日本のAmazon(amazon.co.jp)とは広告の内容や規定が異なる場合がありますのでご了承ください。   アメリカ最大のショッピングサイト“Amazon”のスポンサー広告について徹底ガイドする第5回目です。キーワード設定は『スポンサープロダクト』『スポンサーブランド』の最も基本的なターゲティング手法の1つです。ですが、これまでPPC広告を運用したことがないマーケティング担当者にとっては見慣れない用語が多く、初めは戸惑ってしまうかもしれません。今回はキーワード設定の種類と違い、使い方とそのコツについて詳しく見て行きましょう。

Continue Reading →

Amazon スポンサー広告徹底ガイド:その④-効果測定(ACOS, ROAS)と分析レポートの見方-

*この記事はアメリカ(amazon.com)でのAmazonマーケティングを前提としています。日本のAmazon(amazon.co.jp)とは広告の内容や規定が異なる場合がありますのでご了承ください。   アメリカ最大のショッピングサイト“Amazon”のスポンサー広告について徹底ガイドする第4回目です。実際にAmazonで広告を運用し始めたら、その後の効果測定はどのようにすればいいでしょう?広告した商品が売れることが一番の目的であり目に見える効果ですが、それにどのくらいの広告費用が掛かったのか、それは妥当な金額かを分析する必要があります。

Continue Reading →

Amazon スポンサー広告徹底ガイド:その③-入札(オークション)の仕組みと予算の調整方法-

*この記事はアメリカ(amazon.com)でのAmazonマーケティングを前提としています。日本のAmazon(amazon.co.jp)とは広告の内容や規定が異なる場合がありますのでご了承ください。   アメリカ最大のショッピングサイト“Amazon”のスポンサー広告について徹底ガイドする第3回目です。今回は広告の価格を決める入札(オークション)と広告予算の設定方法を解説し、両者の相互関係について見ていきます。

Continue Reading →

Amazon スポンサー広告徹底ガイド:その②-ターゲット設定について-

*この記事はアメリカ(amazon.com)でのAmazonマーケティングを前提としています。日本のAmazon(amazon.co.jp)とは広告の内容や規定が異なる場合がありますのでご了承ください。   アメリカ最大のショッピングサイト“Amazon”のスポンサー広告について徹底ガイドする第2回目です。今回は、ターゲティング手法=誰に対して広告を表示するのか?ということについて解説します。

Continue Reading →

Amazon スポンサー広告徹底ガイド:その①-4つの広告の種類と違い-

*この記事はアメリカでのAmazonマーケティング(amazon.com)を前提としています。日本のAmazon(amazon.co.jp)とは広告の内容や規定が異なる場合がありますのでご了承ください。   アメリカのEコマース市場は依然としてAmazonの独走状態が続いています。特にこのコロナウイルスのパンデミックによる各都市のロックダウンの影響で、オンラインショッピングに頼らざるを得ない人々が激増しており、Amazonが2020年前半さらに拡大するのはほぼ確定的です。

Continue Reading →

新型コロナウイルスで被害を受けるローカルビジネスの支援に乗り出すアメリカ大手テック企業

アメリカではCOVID-19(新型コロナウイルス)の感染拡大が止まらず、多くの州や市が来月以降もロックダウン(都市封鎖)を継続することを表明しています。アメリカCDC(疾病予防管理センター)は毎日詳細なアップデートを行っていますが、最新情報によると3月30日時点でのアメリカ国内の感染者数と州ごとの分布は以下のように発表されています。 アメリカCDCの発表 https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/cases-updates/cases-in-us.html

Continue Reading →

CCPA対象企業がGoogleアナリティクスを使うためには?

『California Consumer Privacy Act – カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)』が施行されて2ヶ月が経過しました。Webサイトをクリックしたときに表示される通称“クッキー同意バナー(Cookie Consent Banner)”もかなり見かけるようになってきましたね。実際に違反企業に対する罰則の執行が始まる2020年7月1日に向け、対応がまだ終わっていない企業はあと4ヶ月弱の間に済ませる必要があります。

Continue Reading →