開封率を上げる!英語メールの件名 45事例【テンプレート】

英語メールは得意ですか?苦手ですか?アメリカだけでなく海外とやりとりするビジネスをされている方であれば、英語でEメールを書くのは避けられない仕事になります。特に、営業目的のコールドメールや、Eメールマーケティングによるメルマガ配信など、多数の人に同じ内容を送る場合は開封率を上げることが大切になります。

 

コールドメール(Cold Email)とは?

潜在客や一般生活者など、直接の取り引きがない相手へのアプローチ目的で送るアウトリーチのメールをコールドメールと呼びます。営業職であればアポイントのお願いや製品・サービスの紹介、マーケティング担当であればキャンペーンの告知やセミナーへの参加呼びかけ、ブログ配信などで送るケースが多いと思います。Eメールでなく電話の場合はコールドコール(Cold Call)と呼ばれます。

 

開封率を上げる英語メールの件名 45選

近頃のビジネスマンはジャンル問わず大量のEメールに溺れています。そんなメールボックスの中で埋もれず開封してもらうには、件名・タイトル(Subject Line)で相手の興味を引く必要があります。タイプ別に5つに分け、それぞれいくつかのテンプレートを紹介します。

 

1.パーソナライズする

大量のメールの中で読み飛ばされずに興味を引くには、それがその人個人に向けた内容であることを示すと有効です(実際の内容はそうでなかったとしても)。パーソナライズで最も一般的なのは件名に相手の名前を含めること。ビジネスメールであれば相手の会社の製品名を入れるのも効果的です。

<件名・タイトル例>

  • Congratulations on [Event]!
  • [First Name], do you have 5 mins?
  • [First Name], here’s how you can crush Q3 goals
  • [First Name], have you been taking care of your mental health?
  • [First Name], I had a question about your recent article

 

2.質問文にする

古典的な手法ですが、件名を質問形式の一文にするのも効果的です。一瞬でも質問に対する回答を考えさせることができれば、メールを開いてくれる可能性が高まります。

<件名・タイトル例>

  • Are you financially responsible for a pet?
  • Is it time to open a new business location?
  • Can you afford to move out?
  • How safe is your neighborhood?
  • Have you heard about [Subject]?
  • Thoughts on [Subject]?
  • 10 minutes next week?
  • Should you monitor your remote employees?
  • Have you been feeling [Emotion]?
  • Can you meet on [Day]?
  • Is your ego sabotaging your small business?
  • Should your business accept cryptocurrency?
  • What do your dreams mean?
  • Is it time to scale your business?
  • How much should entrepreneurs pay themselves?

 

3.インパクトのある表現を使う

印象的な表現を使うことで注意を引く方法です。ここでの印象的な表現とは特別感を演出したり、またはショッキングな内容や物議を醸す言い方など場合によっては多少ネガティブな物言いになっても、相手の感情に訴えるような一文にするのがポイントです。

<件名・タイトル例>

  • Science-backed benefits of napping at work
  • Self-care isn’t just for Sunday
  • Study: Your steering wheel is 4X dirtier than a public toilet seat
  • +[XX]% in revenue for businesses that add this to their site
  • EXCLUSIVE: You’ve been invited to…
  • Did you hear what happened?
  • Only X weeks left to achieve [Goal]

 

4.タイムリーな言葉を含める

ホットな話題に関する内容や最新の情報は、他の有象無象のEメールよりも役立つかもしれないという印象を与えます。例えば今であれば”Corona Virus”・”Holiday Season”などのトピック、または”2020″・”November”など時間を表す単語を入れることで、タイムリーさを表現します。

<件名・タイトル例>

  • 72 Coronavirus statistics
  • 12 inspirational books on cancer to read in 2020
  • How seniors can protect themselves from Coronavirus
  • How to reduce waste this holiday season
  • Friendsgiving decor + hosting idea
  • Kid’s end-of-summer bucket list ideas
  • 5 kindness calendars for the New Year
  • 4th of July historical dessert party printables

 

5.フォローアップメール

アポイント目的などの場合、初めのメールを送ってから数日しても返信がないときはフォローアップのメールを入れましょう。その際には同じタイトルのまま送るのではなく、アイキャッチになるような言葉やユーモアを加えて送ると開封率が高まります。

<件名・タイトル例>

  • I didn’t get to say this the last time we spoke
  • Here’s how we can get started
  • Just one more thing…
  • [First Name]’s invite is waiting…
  • [First Name], here’s how I can help you this week
  • I’d love your feedback on [TOPIC]
  • [First Name], it was a pleasure chatting with you
  • Any update on [Topic]?
  • Do you need anything else from me?
  • Really enjoyed our conversation, [First Name]