FacebookがNetflixドキュメンタリー”The Social Dilemma”に抗議声明-実際に観た感想

Netflixで配信中のオリジナルドキュメンタリー『The Social Dilemma(邦題:監視資本主義:デジタル社会がもたらす光と影)』。皆さんはもうご覧になりましたでしょうか?GoogleやFacebookを始めとするアメリカのテックジャイアントによって、人間の生活が操作され始めていることを批判したこのドキュメンタリーは先月配信がスタートし、今話題の1本となっています。  

Continue Reading →

パンデミックの影響で世界的に加速するEコマースシフト

新型コロナウイルスのパンデミックが発生して半年以上が経過しました。アメリカでは一進一退の状態が続いており、まだまだ終息の気配はありません。まもなく始まる2020年ホリデー商戦では、Eコマース・モバイルコマース・BOPIS(Buy Online Pickup In Store =オンラインで購入し、店頭で受け取る)が主役となるのはほぼ確実でしょう。

Continue Reading →

【2020年】YouTube 検索ワードランキング TOP100(アメリカ編/ワールド編)

月間20億のアクティブユーザーを持つYouTubeは、Googleに次いで世界で2番目にアクセスの多いウェブサイトであり検索エンジンです。 YouTubeではどんなワードがよく検索されているのか?YouTubeから公式に発表はされていませんが、アメリカのSEOツール会社Ahrefsより、人気検索ワードトップ100位の調査結果が出ています。アメリカ編・ワールド編でそれぞれ紹介していきましょう。

Continue Reading →

アメリカのファストフード業界最新事情

ファストフード発祥の国アメリカでは日本よりも数多くのファストフードチェーンが存在します。どのブランドも、メインのターゲットはミレニアル世代以下の比較的若い層になるのでマーケティングの動向も移り変わりは常に速いのですが、最近は特にユニークなプロモーションが増えてきたのでいくつかブランド別に紹介したいと思います。

Continue Reading →

アメリカのインターネット広告・メディア別比較 (Google/ Facebook/ Amazon/ Instagram)

2019年の第2四半期が終わり、インターネット広告の4大プラットフォーム(Google / Facebook / Amazon / Instagram)におけるそれぞれの広告収入額が公表されました。それにともない、リサーチ会社より2019年における各社の年間広告収入予想額が出ています。Googleが1,037億ドルでトップ、次いでFacebookが673億ドル、Instagramが144.1億ドル、僅差でAmazonが140.3億ドルでした。これはアメリカだけでなく全世界での予想収入総額です。

Continue Reading →

2019年:アメリカ中小企業のSEOサービス利用状況

アメリカでのWebマーケティング戦略の一環として、SEO対策は欠かすことができない要素の1つです。Google Analyticsを使ったアクセス解析で得られるデータなどを元に、テクニカル面・コンテンツ面双方に少しずつ改良を加え、PDCAを繰り返しながらオンライン上でのプレゼンスを向上させて行くこと、これがSEOの目的です。

Continue Reading →

YouTubeとブランドセーフティ問題への関心の低下

過激なコンテンツやモラルを欠いた表現がたびたび問題となるYouTubeですが、一時期、広告主の大きな懸念であったブランドセーフティに対する関心度はやや低くなっているようです。 事の発端は2017年に、白人至上主義者やヘイトスピーチ扇動者たちの動画に大手ブランドの広告が表示されたり、イスラム教過激派によるテロ活動を助長するような動画に英国選挙の広告が表示されていたとタイムズ・オブ・ロンドン(Times of London)が報じたこと。これらの報道をきっかけに『ブランドセーフティ』はマーケティングに携わる人々の間で新たな脅威として浮かび上がり、ロレアル(L’Oréal)や通信大手のAT&T、ベライゾン(Verizon)など数百社が一時期YouTubeから広告を引き上げる事態となりました。

Continue Reading →

アメリカのケーブルテレビ&ストリーミング最新事情

Game of Thrones(GOT、ゲームオブスローンズ)が今夜、シリーズフィナーレを迎えます。今期の最終8シーズンの展開に納得のいかないファンが、脚本家に対しやり直しを求める嘆願書をオンラインで作成して署名を募ったり、スターバックスのカップが映り込んでしまった放送事故がインターネットやソーシャルメディアで盛大に取り上げられたり、シリーズが終了することを悲観する多くの人たちが翌日月曜の休暇を申請し経済ダメージが予測されるなど話題には事欠かない、まさに社会現象を巻き起こしたシリーズでした。

Continue Reading →

企業によるFacebook・Instagramの活用状況

FacebookとInstagramはソーシャルメディアの2トップであり、アメリカでも大半の企業、特にB to C企業はコンシューマーとのコミュニケーションツール、時には販売ツールとして活用しています。SNSは各企業によって、自社で運営するケースと広告代理店やマーケティング会社に委託するケースがありますが、どちらにしても懸案となるのは「どのくらいの頻度で投稿したらよいか?」「どの程度の反応があれば合格点なのか?」ということです。

Continue Reading →