LinkedInで広告を出すには?広告の種類と使い方【徹底ガイド】

新型コロナウイルスによるパンデミック以降、アメリカではLinkedInの存在感が増しています。対面での商談や展示会など、従来型の営業とマーケティング活動が制限される中で、DX化が急務のB2B企業においては欠かせないプラットフォームになりつつあります。 合わせてチェック >>> アメリカB2B企業で加速するDX化とデジタルマーケティングシフト

Continue Reading →

アメリカB2B企業で加速するDX化とデジタルマーケティングシフト

コロナ禍によるパンデミックで世界が大きく変わった2020年。ワクチンの提供開始など明るいニュースも出始めていますが、ビジネスのやり方の変更を余儀なくされ、コロナ終息後も以前と同様には戻らないものもあると言われています。その1つが、B2B(Business to business, BtoB, 対コンシューマー向けでなく対企業のビジネス形態)業界におけるデジタル化です。

Continue Reading →

開封率を上げる!英語メールの件名 45事例【テンプレート】

英語メールは得意ですか?苦手ですか?アメリカだけでなく海外とやりとりするビジネスをされている方であれば、英語でEメールを書くのは避けられない仕事になります。特に、営業目的のコールドメールや、Eメールマーケティングによるメルマガ配信など、多数の人に同じ内容を送る場合は開封率を上げることが大切になります。  

Continue Reading →

新型コロナウイルスで被害を受けるローカルビジネスの支援に乗り出すアメリカ大手テック企業

アメリカではCOVID-19(新型コロナウイルス)の感染拡大が止まらず、多くの州や市が来月以降もロックダウン(都市封鎖)を継続することを表明しています。アメリカCDC(疾病予防管理センター)は毎日詳細なアップデートを行っていますが、最新情報によると3月30日時点でのアメリカ国内の感染者数と州ごとの分布は以下のように発表されています。 アメリカCDCの発表 https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/cases-updates/cases-in-us.html

Continue Reading →

フォロワー数の多いLinkedInアカウントTOP10 : 2019年最新

アメリカのLinkedIn(リンクドイン)公式ページから、先月“最もフォローされているページTOP10”の2019年版が発表されました。さっそくランキングを見てみましょう。   <フォロワー数の多いLinkedInアカウントTOP10 : 2019年最新> 1位:TED Conferences/テッドカンファレンス(フォロワー数1,250万人) 2位:Google/グーグル(フォロワー数1,210万人) 3位:Amazon/アマゾン(フォロワー数860万人)

Continue Reading →

アメリカ発のB2B向けSNS LinkedInとは?

LinkedInはB2Bでの利用目的に特化したアメリカ生まれのソーシャルメディアです。読み方は日本だとリンクトインと呼ばれることが多いようですが、英語での発音はリンクドイン、最初の“リ”が強く発音されます。Facebookのビジネス版とも表現され、そのインターフェースもよく似ているのでFacebookを使ったことがあれば使い方が難しいと感じることはないと思います。

Continue Reading →