パンデミックの影響で世界的に加速するEコマースシフト

新型コロナウイルスのパンデミックが発生して半年以上が経過しました。アメリカでは一進一退の状態が続いており、まだまだ終息の気配はありません。まもなく始まる2020年ホリデー商戦では、Eコマース・モバイルコマース・BOPIS(Buy Online Pickup In Store =オンラインで購入し、店頭で受け取る)が主役となるのはほぼ確実でしょう。

Continue Reading →

Amazon スポンサー広告徹底ガイド:その⑥-Amazonストアページを編集する-

*この記事はアメリカ(amazon.com)でのAmazonマーケティングを前提としています。日本のAmazon(amazon.co.jp)とは広告の内容や規定が異なる場合がありますのでご了承ください。   アメリカ最大のショッピングサイト“Amazon”のスポンサー広告について徹底ガイドする第6回目です。『Amazonストア(Store)』をご存知でしょうか?Amazonストアは各セラーのAmazonにおけるストアフロントの役割をし、オリジナルデザインのページを無料で作ることができます。今回はAmazonストアページの設定方法とその後の活用方法について解説していきます。

Continue Reading →

Amazon スポンサー広告徹底ガイド:その⑤-キーワード設定のポイント-

*この記事はアメリカ(amazon.com)でのAmazonマーケティングを前提としています。日本のAmazon(amazon.co.jp)とは広告の内容や規定が異なる場合がありますのでご了承ください。   アメリカ最大のショッピングサイト“Amazon”のスポンサー広告について徹底ガイドする第5回目です。キーワード設定は『スポンサープロダクト』『スポンサーブランド』の最も基本的なターゲティング手法の1つです。ですが、これまでPPC広告を運用したことがないマーケティング担当者にとっては見慣れない用語が多く、初めは戸惑ってしまうかもしれません。今回はキーワード設定の種類と違い、使い方とそのコツについて詳しく見て行きましょう。

Continue Reading →

Amazon スポンサー広告徹底ガイド:その④-効果測定(ACOS, ROAS)と分析レポートの見方-

*この記事はアメリカ(amazon.com)でのAmazonマーケティングを前提としています。日本のAmazon(amazon.co.jp)とは広告の内容や規定が異なる場合がありますのでご了承ください。   アメリカ最大のショッピングサイト“Amazon”のスポンサー広告について徹底ガイドする第4回目です。実際にAmazonで広告を運用し始めたら、その後の効果測定はどのようにすればいいでしょう?広告した商品が売れることが一番の目的であり目に見える効果ですが、それにどのくらいの広告費用が掛かったのか、それは妥当な金額かを分析する必要があります。

Continue Reading →

Amazon スポンサー広告徹底ガイド:その③-入札(オークション)の仕組みと予算の調整方法-

*この記事はアメリカ(amazon.com)でのAmazonマーケティングを前提としています。日本のAmazon(amazon.co.jp)とは広告の内容や規定が異なる場合がありますのでご了承ください。   アメリカ最大のショッピングサイト“Amazon”のスポンサー広告について徹底ガイドする第3回目です。今回は広告の価格を決める入札(オークション)と広告予算の設定方法を解説し、両者の相互関係について見ていきます。

Continue Reading →

Amazon スポンサー広告徹底ガイド:その②-ターゲット設定について-

*この記事はアメリカ(amazon.com)でのAmazonマーケティングを前提としています。日本のAmazon(amazon.co.jp)とは広告の内容や規定が異なる場合がありますのでご了承ください。   アメリカ最大のショッピングサイト“Amazon”のスポンサー広告について徹底ガイドする第2回目です。今回は、ターゲティング手法=誰に対して広告を表示するのか?ということについて解説します。

Continue Reading →

Amazon スポンサー広告徹底ガイド:その①-4つの広告の種類と違い-

*この記事はアメリカでのAmazonマーケティング(amazon.com)を前提としています。日本のAmazon(amazon.co.jp)とは広告の内容や規定が異なる場合がありますのでご了承ください。   アメリカのEコマース市場は依然としてAmazonの独走状態が続いています。特にこのコロナウイルスのパンデミックによる各都市のロックダウンの影響で、オンラインショッピングに頼らざるを得ない人々が激増しており、Amazonが2020年前半さらに拡大するのはほぼ確定的です。

Continue Reading →

Amazonに飲み込まれるアメリカ小売業界

ハロウィンが終わり、アメリカでは本格的に2019年のホリデーシーズンが到来しました。ホリデーシーズンは1年で最大のショッピングシーズンということで、Eコマースも実店舗もリテール業界は例年かなり早い段階からこの時期のために準備を進めます。しかしこのホリデーセール価格戦争においても、Amazon(アマゾン)が一歩先を行っているようです。 Profiteroの最新調査によると、Amazonの価格は他のオンラインショッピングサイトよりも約20%安いことが分かりました。アメリカの大手小売店との比較結果は以下のようになっています。

Continue Reading →

アメリカのオンラインショッピング事情

アマゾンがニューヨークに予定していた第2本社の建設取り止めを発表したのは数日前のことです。アマゾンのようなテック系大手企業が来ると、その周辺では雇用は確かに増えても、それに伴い住宅価格や物価、賃金も上がることになるので、アマゾンで働く人以外にとってはあまり歓迎されるニュースではなかったようです。

Continue Reading →