ローカルSEO対策の重要性

SEO対策には大きく分けて2つの種類があります。1つは「オーガニックSEO」または「ナショナルSEO」と呼ばれるインターネット全体におけるもので、一般にSEO対策と言うとこちらを指します。もう1つは「ローカルSEO」という特定の地域に特化して行うSEO対策です。

Local SEO

ローカルSEOはレストランやカフェなどの飲食店、スーパーやアパレルショップなどの小売店、ヘアサロンやクリニック、その他スモールビジネスなど、実店舗を構えるビジネスにとっては必須になってきます。

Google検索全体における46%はローカル情報の検索、モバイル検索の30%はロケーションに関する検索と言われています。また86%の消費者はローカルビジネス情報を調べるのにインターネットを頼っており、約3割の人は少なくとも週に1回はそういったエリア情報を検索すると回答しています。

Local SEO2

ローカルのお店やビジネスを探すのに、インターネット検索が最初の手段と回答した消費者は72%にのぼり、86%の人は位置情報を調べるのにGoogle MAPを利用しています。

ローカルSEO対策はMEO(Map Engine Optimization)と呼ばれる、地図情報ソフトへの対策がメインとなります。見込み客がエリア内の店舗を探すのにGoogleやGoogle MAPを利用することが大半となってきている現状で、他店よりも上位に表示されることは集客にとってとても重要になります。

Local SEO3

車社会のアメリカでも、自宅から近いというのは大きなポイントです。ローカルビジネスを検索する人のうち、72%は5マイル以内のお店を訪問することが分かっています。またモバイル検索をした78%のユーザーはストアでの購入に至るという結果が出ています。このように、店舗周辺のローカルユーザーはポテンシャルの高い潜在顧客と言えるため、地図上で彼らに見つけてもらいやすくするためのMEOは欠かせないWeb戦略の1つです。